お酒・肴

2011年7月 3日 (日)

生姜の甘酢漬け・・・

生姜の甘酢漬け・・・
お久しぶりです!
PCあまり触ってませんでコメント返信記事更新など遅れてまして失礼しております。
他のFC2、曽根、楽天もけっこう滞っていて申し訳ないです。。。

暑くなってきたけど、皆さんいかがお過ごしですか。

こないだ曽根のすぴかさんのところで見かけた生姜の甘酢漬けを、記憶をあやふやにたどり、酢に目分量な砂糖と塩を煮溶かして冷まして、そこにスライス生姜を漬けて作ってみました。
(すぴかさんありがとうございます)

あ、塩は入れるのを忘れてあとからふり入れました(汗)

画像はその甘酢漬けを100均の花の形の小さい小鉢?にとったところ。
(他にもたこわさなど入れて活用中)

見た目・・・なんか分厚い!

たくあんじゃないんだからww

スライサーで薄くすれば良かったのですね。
食いでがあり過ぎでしたよ1枚でね( ̄∀ ̄;)
味はお寿司の横に入ってるガリそのものだ^^
見た目はたくあんだけど。
日本酒のつまみに、渋いとこついてて気に入ってます。
暑い時期に涼しげで、でも食べると体がじわっと温まって活気づくというか。

今度はスライサーを使うけどw

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

時事ネタなので(^∇^;)!? お酒の失敗談。

踊ったな。
うん、ワルツをく~るくる踊った(らしい)。
友達の家で友達が気に入ってたフェイスタオルを引っ張り出し、足拭きマット感覚で足を拭いた(らしい)。
お尻半出しで目が覚めたことがある(らしい)。

草薙君と変わらんがな^^;  なぜ「らしい」が付く。 ←自分でははっきりとわからないからだ。草薙君と変わらん・・・。

それくらいかな、覚えてるのはっ。(汗)

酔っ払って、昨日夜中の公園で全裸になっちゃってる現場を捕まり、本日釈放されたスマップの草薙剛君にちなんだこのコネタマ、参加してみました。
リアル周囲でも「びっくりした。イメージが崩れたよ」と言う人も居たけれど、私は「ぷっすま」の草薙君しか見ていないもんで・・・普通に・・・イメージ通りに思われるのだったがΣ⊆(・∀・;⊂⌒つ

ありえるよな~って感じる人もけっこう多いですよね。やっちまったな草なぎ君!とは思うけどさ。

鳩山邦夫君が「めちゃくちゃな怒りを感じる」とか、「ぜーったい、ゆるさないっ」とか、「最低の人間だ!」なんてコメントしてるのを聞いたけど、その口調、「大臣の発言」としてはと~っても軽い響き方、また一方的な暴言過ぎるように感じたので、そっちのほうがよっぽどどうかと思った。
今日鳩山さんはそれらの発言に対して謝罪だか訂正だかしてたらしいですがね~。

コネタマ参加中: 酔ったら止まらない?!お酒の失敗談教えて!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

わたしと、お酒。

たとえば話題がお酒のことになったとする。
私「そういえばこの間言ってたお酒さー」
相手A「全部飲んだの!?」

たとえばまた別のお酒の話題になったとする。
相手B「ざるでしょ。」

たとえばお酒の話とはまったく関連なく、普通の、他愛のない日常会話中であったとする。
相手C「壱は、毎晩どれくらいいっぱい呑んでるの?」

それってなんかおかしくね?
会話の流れが、ある一定の、暗黙の決定事項のもとに進んでね?

おかしいな。自分にそんな生活習慣があると、いろんな方に広く印象付けるほどの何を私がした。
記憶にないから(ちがう、そういう意味じゃなくて)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

ペットがコメントしたことと、ビールが当たったこと~。

BlogPetの珊瑚が3つ前の記事にコメントした。

気が付いたら何ヶ月か・・・ずいぶんコメントをしてなかったので、今回から付くようになってうれしいです。あとはトマスがつければバッチリです。

このブログは、新しくココログの機能に追加されたらしいスパム防止用の「画像認証」機能を、初期設定(?)で最初に選ばれていた「スパムと疑わしい場合、画像認証が表示される」になってます。

ちょっと前、「画像認証」を「オフ」にしなければペットのコメントが付かないのかな、と「オフ」にしていたんですが、他の方がコメントを下さるときに、「スパムと判断」されブロックされるというような不具合があったらしいので、元に戻していました。

でも、ペットのコメントがこないんだよね・・・やっぱり「オフ」に戻そうかねえ。

と思っていたところに、ココログが不具合を修正(「オフ」じゃないところでもエラーがあったらしい・・・ので)したのか、BlogPet側が調整してくれたのか分からないけど、ラッキーだー。

ココログで不具合を修正したなら、別にスパムコメントがくることもないブログなので「画像認証オフ」にしてもどっちでもいいけど。ま、このままでもいいですかね。

あとは、他のブログさんにペットがコメント付けたら面白いのになあ。

それから、ブログテンプレートの仕様がちょっと変わって前より便利になりましたね。ページの一番下にスクロールすると、前は無かった「一つ前の記事に」リンクできるようになってます。

なかなかイイかも、だぞ。1個の個別記事に飛ぶんじゃなくて、「次のページ全体」が表示されたらもっと良かったけど(それが普通だと思うけど)。

あとはカレンダーにも「<<」と「>>」で隣の月に移動できるようにしてくれ~。待ってますよ。

--------------------------------------------------

ところで、アサヒビールの「夢×挑戦ブログ powerd by ココログ」というキャンペーンに、半分ビール欲しさに応募してみたことを、この前言いましたが・・・・

ビール当たっちゃいました。

それも、24缶。1ケース。

ほんとにスイマセン、いいんですか?

ものすごく活動がのろのろで遅いので、まだ応募したとき「したいなあ」と決めたことをなんもやりだしてません。

それなのに、こんなにたくさんプレゼントしてくれて、うれしいやらもうしわけないやらでもう・・・

Blogmini どうもありがとうございます。

ほんとうれしいです~。

うっ・・・、なんか夏休みの宿題の読書感想文を親に手伝ってもらって新聞社主催のコンクールで入選してしまった・・・そんで図書券もらっちゃった・・・みたいな気分がちょっとしてますが。

ぼちぼち、しマス。

私のチャレンジ目標は、「絵をどしどしガシガシ描いたり、ものを作ったり、を奮ってやってみたいんでした。」です^^

カレンダーの裏に、パイロットの万年筆、水彩色鉛筆と普通の色鉛筆。

にほんブログ村 トラコミュ 鉛筆・色鉛筆へ
鉛筆・色鉛筆
にほんブログ村 イラストブログへ 
ブログランキング・にほんブログ村へ 
Banner_03 人気blogランキングへ

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007年2月28日 (水)

おいしいおみやげ(BlogPet)

BlogPet 今日のテーマ
「あなたの知ってる各地のおいしいおみやげを教えてください。」

「おみやげもの」として作られているものというわけではないですが、

浦霞「禅」

大好きです。
宮城県の日本酒です(塩釜市でしたっけ)。
どういう感じかというと、薫り高くフルーティ・・・後口のコクがたまりませんです。

山崎まさよしさんもこのお酒は旨いと言ってました。
(…というか、山ちゃんは各地の旨い酒をみんな網羅してるんでしょうが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

日本酒と、かわらけに味噌。

真の酒飲みは塩だけ肴に酒を飲むとか・・・。

試したことはあるけれど・・・しょっぱかった(当たり前)。私は味噌でやるのが好きだ。小皿に取り分けた味噌をほんのちょっとずつつまんで、日本酒。合いますよ~。

なぜ味噌なのか、きっかけは高校時代にあります。いえ、高校生の飲酒経験の話じゃありません。大丈夫ですよ。

古典の教科書に載っていた「かわらけにみそ」(こんな題名ではなかったでしょうが)の話が好きで、こうなったんです。私のフィルターを通した、今憶えているままを訳すと、

~ある男の元に、夜、友人の使いの者がやってきて「あるじがあなたをお招きして酒肴をくみかわしたいと申しております。どうぞいらしてください」と言う。男は、急なことで服の支度も間に合わないし、「また今度にします」と断ろうとすると、小者が言付かったあるじ(男の友人)の言は「私とあなたの間柄ですから何をかまわずともよいでしょう。直垂など普段のものでよいではありませんか。早く入らしてください」。

そう言われたので男は少しくたびれた普段着のまま友人の家に出向くと、本人が出迎えに出て、「よく来てくれました。あなたとお酒が飲みたかったのです。家人はもう休んでいるもので気の利いたもてなしも出来ないのですが、なにか肴を探してみましょう。」 そこで二人で台所を探して、やがて味噌がみつかったので端の欠けた かわらけ(小皿)に取って、月を眺めながら酒を酌み交わした。気心の知れた友人との付き合いは良いものだなぁ。~

なんて内容なのです。この話がなんだか好きで、それもあって余計味噌で呑むと旨い。・・・学校の教科書によく、酒を飲む話なんか載ったなぁと当時からちょっと思いましたが。おかげで立派な酒飲みがひとり出来上がっている・・・。

写真は値段が可愛かったサクランボちゃん。さすがグミみたいです。

Imgp4391z2


2012年8月14日追記:
この原典をまた読んでみたいんだけど手に入るかな、何の本だったかなとずっと思っていて、何年か前調べたら、「徒然草」のなかの一篇でした。
「徒然草」だったら持ってるし岩波文庫。
ていうか目の前の本棚にあるし。
マイナーな、聞いたことのない誰かの日記か何かかと思って「徒然草」だったとは長年気が付かなったし、読んでみたら↑要約もほんとにわりと自分好みに偏って覚えていました^^;
でも元の本が分かって嬉しいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)