« 2013年3月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年4月

2013年4月25日 (木)

ニョッキ。。。?

ニョッキ。
ニョッキ。
今夜は、ニョッキを作りましてね。

米が切れて補充する合間にパスタや麺類でつなぐのですが、ずっと前食べたニョッキ旨かったなあ〜。
と思いだし、やってみました。

ニョッキってなんだろう?て最初思ったのはジョナサン・ケラーマンのサスペンス小説で主人公が食事する場面でメイン料理として出てきた時で(なんのニョッキだったか忘れた。貝?)、何年か前、店頭にニョッキの「ニョッキ」だけのゆでる前のものがパックで売られていて、茹でてパスタみたいにトマト系ソースで食べたら、もっちりとしてパスタとは違う甘みのような旨味のような味わいがあってとても旨かったのです。
パッケージの裏を見たら、小麦粉とジャガイモと書いてあって、ジャガイモか〜とちょっと驚きがありました。

ところで、

ニョッキってどうやって作るのよ。
(知らんで作るw)

小麦粉にジャガイモ入れて、かな。

とだいたいのあたりをつけて作りました。
生のジャガイモをすりおろし小麦粉と混ぜ、塩を少し振り、うどんや餃子の皮かくらいにこねました。
おろしジャガイモの水分だけでけっこうあったので水は混ぜる必要が無かったです。
スプーンで生地をすくい取ってならして中央を親指で押したらそれをタテに丸めていく、
て感じで形にしていきました。
塩を入れたお湯で茹でました。
10分はゆでたかな。

何かが違う気がする出来映えw
買ったモノよりかなり大きくなったw
形もなんだかな〜w
そもそも、生ジャガイモじゃなくて、火を通したジャガイモを混ぜるんだったりしてw

昨日作ってあって、でもご飯がなくなってほとんど残っていたカレーで食べてみました。

まあね〜。
まあ、普通かもw
ひっつみよりはカレーにも合うか。

本当のニョッキの作り方が知りたいですw
今度はPCで調べてから作ろう。

写真はニョッキゆでる前と茹で上がり。

***************************

4月28日追記:
ニョッキの作り方は、やはりちがった。検索して判明した。
混ぜるじゃがいもは加熱してつぶしたものを使うらしい。
生をすりおろして入れてる場合じゃなかった(汗)
そしてじゃがいもに限らず、他にもカボチャや枝豆やブロッコリーなんかでも作っている人がいて、なかなかおもしろそうだった。

「ニョッキ」っていうのは、なんですかね。

なんか、小麦粉とじゃがいもで作られるイタリア料理だって、ウィキには出ていました。

パスタ料理みたいなもので、麺部分がスパゲッティとちょっとちがう。
和風で言えば「うどん」に対する「ひっつみ」みたいな??

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年4月 5日 (金)

あと2分したら

あと2分したら
寝たい。
もう、すぐ寝たい。

という首かっくんの波が2回ほど来たのが、帰ってすぐ7時半頃と11時半頃で、今度こそ寝ようとしている今は2時過ぎです。
段取り遅いw

本当なら午前2時をはさんだ位の頃熟睡しているのが健康にも美容にも良いらしいです。
なんかみのさんか志の輔師匠がテレビで言っていた、
と又聞きした気がします。

最近の夜更かしライフサイクルを立て直したいのですが、なかなか急に改まりません。
ちょっとずつ早寝に戻していきます。

画像はこないだの日曜日のもの。
雨でした。
椿だと思います。

山茶花って何が椿と違うんだっけ。
葉っぱかな。

こないだからミカン・柑橘類を食べたいなと思っていて、またネットで箱買いしようかなという気になっていましたが、リアル店舗でけっこうミカンや他の柑橘類を見かけるので、ネットショッピングでなく普通に買い物して食べています。
晴美みかんとか、文旦とか、ミカンとか。
文旦は見た目グレープフルーツです。味は甘めのハッサクみたいでした。
晴美?はるか?ってミカンはネーブル位の大きさで色はレモン色でへそがぽこんと出ていて、皮が厚めで見た目と皮の匂いはレモンみたいに酸っぱそうなんだけど、食べたら甘い!はっきりサッパリとした酸味も少しある甘さで、美味しい。
いろいろな柑橘類、食べるとおもしろいです。

今度は八朔も食べたいなあ。

ということでおやすみなさい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年6月 »