« だんだん水増しされていってます。カウンター。(BlogPet) | トップページ | なになに? キリンチャレンジカップのメンバーが発表されたんですか。 »

2006年8月 4日 (金)

ザ・サイレントタッチ「巨人と青年」

さっき左足の甲をやけどしてしまいました。玄米茶で。よからぬことを考えたバチとでもいうのでしょうか。玄米茶が。

「巨人と青年」は、今はもう無いレンタルショップで借りました。(閉店するなら処分セールがあったかも知れないのに。見に行けばよかったな)

忘れられない1作です。

ポーランドの音楽大生ステファンは、自分が繰り返し夢で聴いている美しく激しい旋律が、実在する曲であったことを知る。それは、かつて世界的に才能を認められていたがこの数十年にわたり隠遁生活を続けている老作曲家ヘンリー・ケスディの未完の交響楽だった。旋律へのやまない衝動で、青年は老作曲家を追い求めてはるかデンマークへ向かう。しかし探しあてた老作曲家は偏屈で険悪で・・・。

青年の、ヘンリーとヘンリーの才能への飽くこと無い情熱と献身にすっかり脱帽、青年のとけない不思議な力にも惹きつけられました。

DVD 巨人と青年

販売元:ビデオメーカー
発売日:2005/10/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

主演の二人、老作曲家はマックス・フォン・シドウが、青年はロテール・ブリュトーが演じています。

マックス・フォン・シドウって、「エクソシスト」の老神父役を演じていたんですねー。子供の頃、キョーフで最後まで見られなかったんだよな・・・。あとはスティーブン・キング原作の「ニードフル・シングス」でも、ある日平穏な町に現れる老人を怪演してらっしゃる。

そして、青年役のロテール・ブリュトー。どこの誰だかわからずこの作品でかなり好きになり、次回作の小さい記事を当時の映画雑誌で目にしてはいたんですがそれきり。だいたい、ポーランドの人なのかな? それすらわからん。

しかしいやー今回調べて名前が分かって良かったあ。「モントリオールのジーザス」に出演されているらしいですが・・・アマゾンにあるかな。・・・無かった・・・(涙)。他を探そ。

「巨人と青年」がDVDになっているのも、すごくうれしいです。私のマスターピースや。

***********************************************

追記:

2年4ヶ月前に書いた記事なんだけど(追記を書いている今は2008年12月4日)、参加しているBlogPetのグループ(メジャーじゃないけど良いんです♪)にトラックバックしたくなったので、やってみます。

ちなみに、「巨人と青年」のDVD、買いました^^

ああ~どうかな、記事が一定時間以上古いので、ココログの仕様でトラックバックできなかったかな。

|

« だんだん水増しされていってます。カウンター。(BlogPet) | トップページ | なになに? キリンチャレンジカップのメンバーが発表されたんですか。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/102267/2923640

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・サイレントタッチ「巨人と青年」:

« だんだん水増しされていってます。カウンター。(BlogPet) | トップページ | なになに? キリンチャレンジカップのメンバーが発表されたんですか。 »