« W杯開幕まであと4日! | トップページ | 坂田靖子さん♪「珍見異聞」~芋の葉に聴いた咄~、~磯の貝に聴いた咄~。 »

2006年6月 7日 (水)

日本酒と、かわらけに味噌。

真の酒飲みは塩だけ肴に酒を飲むとか・・・。

試したことはあるけれど・・・しょっぱかった(当たり前)。私は味噌でやるのが好きだ。小皿に取り分けた味噌をほんのちょっとずつつまんで、日本酒。合いますよ~。

なぜ味噌なのか、きっかけは高校時代にあります。いえ、高校生の飲酒経験の話じゃありません。大丈夫ですよ。

古典の教科書に載っていた「かわらけにみそ」(こんな題名ではなかったでしょうが)の話が好きで、こうなったんです。私のフィルターを通した、今憶えているままを訳すと、

~ある男の元に、夜、友人の使いの者がやってきて「あるじがあなたをお招きして酒肴をくみかわしたいと申しております。どうぞいらしてください」と言う。男は、急なことで服の支度も間に合わないし、「また今度にします」と断ろうとすると、小者が言付かったあるじ(男の友人)の言は「私とあなたの間柄ですから何をかまわずともよいでしょう。直垂など普段のものでよいではありませんか。早く入らしてください」。

そう言われたので男は少しくたびれた普段着のまま友人の家に出向くと、本人が出迎えに出て、「よく来てくれました。あなたとお酒が飲みたかったのです。家人はもう休んでいるもので気の利いたもてなしも出来ないのですが、なにか肴を探してみましょう。」 そこで二人で台所を探して、やがて味噌がみつかったので端の欠けた かわらけ(小皿)に取って、月を眺めながら酒を酌み交わした。気心の知れた友人との付き合いは良いものだなぁ。~

なんて内容なのです。この話がなんだか好きで、それもあって余計味噌で呑むと旨い。・・・学校の教科書によく、酒を飲む話なんか載ったなぁと当時からちょっと思いましたが。おかげで立派な酒飲みがひとり出来上がっている・・・。

写真は値段が可愛かったサクランボちゃん。さすがグミみたいです。

Imgp4391z2


2012年8月14日追記:
この原典をまた読んでみたいんだけど手に入るかな、何の本だったかなとずっと思っていて、何年か前調べたら、「徒然草」のなかの一篇でした。
「徒然草」だったら持ってるし岩波文庫。
ていうか目の前の本棚にあるし。
マイナーな、聞いたことのない誰かの日記か何かかと思って「徒然草」だったとは長年気が付かなったし、読んでみたら↑要約もほんとにわりと自分好みに偏って覚えていました^^;
でも元の本が分かって嬉しいです。

|

« W杯開幕まであと4日! | トップページ | 坂田靖子さん♪「珍見異聞」~芋の葉に聴いた咄~、~磯の貝に聴いた咄~。 »

お酒・肴」カテゴリの記事

コメント

於江ちゃん、「マルコメ味噌だし入り」いいさ~おいしそうさー ^ ^
要はお酒さえあれば( ^__^ )。
おたずねの、スナックエンドウが笹の味になった事件につきましてはですね・・・わかりません私には。電子レンジ素人なんです。
採れたてすぐなほどオイシイよ・・・と、くれた方はおっしゃってました。(でも、4日くらい経ってても私的には全然OKでしたが☆)

というかごめんなさい、もらったコメントをミスで消してしまいましたよ・・・q( >__< )p・・・これにこりずにどうぞまたお願いします。

投稿: とんぼや・壱 | 2006年6月 9日 (金) 03:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/102267/2108214

この記事へのトラックバック一覧です: 日本酒と、かわらけに味噌。:

« W杯開幕まであと4日! | トップページ | 坂田靖子さん♪「珍見異聞」~芋の葉に聴いた咄~、~磯の貝に聴いた咄~。 »