« 気づいたら今日ご飯を食べてない。 | トップページ | 「鉄腕DASH!」の潮干狩り »

2006年5月20日 (土)

桜切るバカ梅切らぬバカとはもうせ・・・。

毎年連なって花を咲かす桜並木を、今年もGW中に通ったのですが、花の間のあちこちからもさもさとして細かい葉のヤドリギ(?)のようなものが突き出ているのがすごく目に付きました。

母が言うには『テングス病』という病気で、「天狗さんの巣のようだからそんな名前なんじゃないか?」とのこと。

「ほおっておくとどんどん増えるし他の木にもうつるのでチョクンチョクン出ているのを切ってしまえばいいのにナ、桜は切るものじゃないからと、それだけ頭っから思って皆な生やしっ放しや」

桜が切り口から傷みやすいのは本当らしく、切り口は薬を塗って処置することが大事らしいのですが、テングス病(漢字で書くと天狗巣病)の解説で見たほとんどに、テングス病の部位は、見つかりしだい切り離して焼却までしなければいかんとあり、けっこうおおごとなのか、と思いました。

何か、「風の谷のナウシカ」の、谷で見つかった胞子みたいだ。

|

« 気づいたら今日ご飯を食べてない。 | トップページ | 「鉄腕DASH!」の潮干狩り »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/102267/1862968

この記事へのトラックバック一覧です: 桜切るバカ梅切らぬバカとはもうせ・・・。:

« 気づいたら今日ご飯を食べてない。 | トップページ | 「鉄腕DASH!」の潮干狩り »